リレンザはインフルエンザウイルスの増殖を阻止してくれる薬で、予防投与が認められています。家族や職場でインフルエンザになった人がいる場合、積極的に予防対策をすることがとても大切です。

リレンザ
リレンザの予防投与

予防接種後に起こる腫れの原因とリレンザの使い方

インフルエンザに感染すると、学校や仕事は数日間休まなければなりません。学校の出席停止期間は長く、インフルエンザを発症してから五日を経過しなければなりませんし、熱が下がってからは二日が過ぎなければ出席することができないのです。学校に限らず職場でも感染を予防するために、仕事を休むように言われるでしょう。
インフルエンザは感染すると生活に支障がでる病気ですから、感染する前に予防を考えることが大切です。
インフルエンザの予防接種を行っているクリニックは多いので、かかりつけのクリニックに行って受けておくと安心です。ただ予防接種後は腫れが起こるケースがあります。予防接種後の注意点はクリニックの方で案内がありますが、腫れが起こることは決して珍しくありません。予防接種後の腫れはワクチンを接種したことでアレルギー反応を起こしているためですから、心配する必要はありません。数日程度で自然と元に戻りますが、重い副反応が見られるときは速やかにクリニックを受診しましょう。
予防接種を受ける前に感染してしまったら、医師から処方された薬を服用します。リレンザという吸入タイプの薬を処方されることがありますが、初めてリレンザを処方された方は使い方に戸惑ってしまう場合があります。リレンザを使うことでインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができます。ただリレンザは発病してから早めに使い始めないといけないため、薬剤師の指示通りに使用しましょう。
薬だけでなく眠ることで回復力を上げることも大切です。十分な休息をとり免疫力をアップさせるようにしましょう。人に感染させないためにもマスクを着用し、熱が下がっても不要な外出は避けましょう。